京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
kazu
kazu
東京から奈良に越してきました。
奈良市に住んでいます。

2015年08月31日

今日のコラム

☆ 今日は8月31日(月)  野菜の日 ☆

☆「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合せ。

1983(昭和58)年に食料品流通改善協会などが、野菜の栄養価やおいしさを見直してもらおうと制定。
全国青果物商業協同組合連合会など9団体の関係組合が制定。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月31日 松下幸之助一日一話 (松下幸之助.COM)

辛抱が感謝になる

われわれが一生懸命に仕事をしても、世間がそれを認めてくれなかったら、非常に悲しい。そんなとき、その悲しさが不平となり出てくるのも、一面ムリのないことだと思う。しかし“認めてくれないのは世間の人が悪い”という解釈もできるが、“まあちょっと辛抱しよう。

今は認めてくれなくても、いつかは認めてくれるだろう”と、じっと堪え忍び、いい仕事を続けていくというのも一つの方法である。そして認めてもらったら、これは非常に嬉しい。その嬉しさが感謝になる。“より多くわれわれを認めてくれた社会に対して働かなくてはいけない”という感謝の心になってくる。そういう心がなければいけないと思う。 ☆


☆ 【コラム】 筆洗

2015年8月30日 東京新聞TOKYOWeb

▼ハナ肇とクレージーキャッツには高度成長期における会社員の悲しみ、喜びを巧みに歌い上げた名曲が数多くあるが、その中でも秀逸な一曲に「ゴマスリ行進曲」(作詞・青島幸男、作曲・萩原哲晶)がある

▼一九六五年公開の映画「日本一のゴマすり男」の挿入歌なので今年五十年である。<ゴマをすりましょ、陽気にゴマをね><朝も早よから夜中まで身震いするよなうまいこといおう><エライヤッチャおだてろゴマすってのせろ>

▼軽蔑の対象になりかねない、ごますりを再評価し、手間も元手もいらぬ出世の道具として使おうと歌っているが、無論、ごますりにうかうかと引っ掛かる上役や社会への青島さん流の皮肉だろう

▼そういえば、ごますりという言葉自体、最近はあまり聞かぬ。若い人の傾向として責任が大きくなる出世を望まぬ傾向があるとも聞くが、心にもないごまをすって立身を目指す「出世の鬼」は絶滅危惧種か

▼と思いきや自民党である。世間の批判は強くとも、なお有力な安倍総裁(首相)の無投票再選の見通しと聞く。党内各派は勝てる見込みがない以上、逆らっても損とばかりに首相支持を表明している。<エライヤッチャおだてろ>である

▼無投票は国民に失礼と指摘したのは野田聖子さん。もっともな意見で、第一に考えるべきは国民の党への目。各派はごまをするべき相手を間違えている。 ☆


☆ 今朝はくもり空です、雨の予報です。

昨日は、雨模様で蒸し暑かったです。イオンモールに買い物に行きましたが、午前中からすごく混んでいました。

今日で8月も終わりです、猛暑日はもう無いと思います、今週は雨模様のようです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


  

Posted by kazu at 05:56Comments(0)

2015年08月30日

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送!

◆ 8月31日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

未定
あっちこっちほっかほか便り

重陽祭
車折神社
@おどろく.Com
ふれあい広場 ◆

◆ 9月1日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

災害時にペットの対応で慌てないために
認定NPO法人アンビシャス
理事長 松岡幸子さん
あっちこっちほっかほか便り

あげあげサミット2015
湖南市
@おどろく.Com
未定 ◆

◆ 9月2日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「しきたり食」の調査を進めています
おばんざい研究会
代表 藤掛進さん
あっちこっちほっかほか便り

真夏の雪祭り
六甲山カンツリーハウス
@おどろく.Com
アメリカから水彩画家を呼ぼう!
京都府観光親善大使
冨田さん  ◆

◆ 9月3日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

琵琶湖100キロチャリティ歩行大会
10月開催!琵琶湖の味も楽しんで
三上千奈美さん
あっちこっちほっかほか便り

瀬古の流星
忍者ののろし
甲賀市 瀬古薬師堂
@おどろく.Com
向かいの匠はん
京都魁の会 ◆

◆ 9月4日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

アフリカアパルトヘイトの父
上賀茂神社でソロピアノコンサート
LUSH LIFE
あっちこっちほっかほか便り

バスの日まつり in びわこ
守山市 ピエリ守山
@おどろく.Com
薫のおいしおすえ ◆


☆ 今週も聴いています。
ラジオネーム 還暦おじさん ☆

  

Posted by kazu at 14:54Comments(0)

2015年08月30日

今日のコラム

☆ 今日は8月30日(日)  富士山測候所記念日 ☆

☆ 1895(明治29)年、富士山頂に野中測候所が開設しました。
 大日本気象学会の野中至が私財を投じて建設したもので、現在の気象庁富士山測候所の前身となりました。
気象庁による常駐観測は2004年10月に終了し、以後は自動計測のみとなった。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール

29日横浜スタジアム、カープ3―2DeNA、勝ち投手一岡2勝4敗1S、セーブ中崎6敗21S 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月30日 松下幸之助一日一話 (松下幸之助.COM)

日ごろの訓練

お互いが仲良く生活し、また仕事を円滑に進めてゆくためには、人の応対一つにしても、充分に注意しなければならない。そして単に礼儀が正しいとか、言葉づかいに気をつけるということだけでなく、いわば心のこもった応対ぶりを見せることが大切ではないかと思う。

もちろんこれは口で言うほど簡単なものではない。日ごろからそういう訓練がなされていなければ、たとえ頭でわかっていても、実際に容易にできることではない。
いつの場合にも自然に行動に表われてくるというためには、やはり事あるたびにしつけ、習慣づけておかなければなかなか養われるものではないと思うのである。  ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年8月29日 東京新聞TOKYOWeb

▼財布の紐(ひも)の固い人を指し「赤螺(あかにし)屋」というのはその名の巻き貝が殻を閉じるとなかなか開かぬことに由来するという。落語の「片棒」。主人公は「赤螺屋けち兵衛」というから、いかなる人物か想像できよう

▼倹約に励み、身代を大きくしたけち兵衛の心配は後継者。三人のせがれを面接する。問題はけち兵衛が死んだら、「どんな葬式を出すか」

▼長男は弔いを計画する。通夜は二晩、坊さんは二十人。豪勢な料理。香典返しには、舶来金時計。激怒される。次男は色っぽい弔いをという。芸者衆の手古舞(てこまい)に山車、御神輿(おみこし)。もちろん却下。三男は二人の兄とは反対に質素な葬式を提案する。通夜に出すのはお茶と煎餅。棺桶(かんおけ)は菜漬けの樽(たる)。けち兵衛を喜ばせる

▼けち兵衛に言わせれば、なお不十分かもしれぬ。新国立競技場の工費について政府は千五百五十億円を上限とすることを決めた。旧計画から約千百億円縮小した。屋根は観客席上部のみ、冷暖房設備も見送られた

▼お客さまを迎えるのにお茶とせんべいの葬式ではあるまいかと心配する向きもあろうが、その額は、ロンドンや北京の五輪を大きく上回っている。費用をあまりかけたくない世論の意向が反映されたことに胸を張るべきだろう

▼問題は上限が守られるか。金時計や芸者衆が紛れ込まぬとも限らぬ。上限には固いふたを。「赤螺屋五輪」。結構ではないか。 ☆


☆ 今朝はくもり空です、午前中は雨の予報です。

昨日の夕方から夜はすごい雨でした。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日はイオンモールでサービス日ですから、生活用品を買いに行きます。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


  

Posted by kazu at 06:16Comments(0)

2015年08月29日

今日のコラム

☆ 今日は8月29日(土)  ケーブルカーの日 ☆

☆ 1918年のこの日、大阪電気軌道(現在の近畿日本鉄道(近鉄))の子会社生駒鋼索鉄道が、奈良県生駒山の鳥居前~宝山寺間で日本初のケーブルカー(現在の近鉄生駒ケーブル)を開業させた。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月29日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

会社の実力を知る

私は今まで銀行にお金を借りに行って、断わられたことはありません。これは決して誇張でも自慢でもありませんが、計画を立て、「これだけお金が要りますから貸してください」と申し出て、「これは松下さんいけません」と言われたことがないのです。

それはやはり、自分の会社の力というか、そういうものを正しく認識して、その範囲の中で銀行にお願いしていたからでしょう。ですから銀行の方もこれなら大丈夫だと信用して応じてくれたのだと思います。

大事なことはみずからの会社の実力を正当に認識し、それに応じて事をなしていくことだと思うのです。  ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月28日 東京新聞TOKYOWeb

▼四つ葉のクローバーは幸せを呼ぶといわれるが、それをみそ汁の具にしたら、どんなものだろうか。手元に四つ葉がやたらと生える鉢植えがあったので試してみたが、青臭さもない代わり、これといった風味もない。招福の効果は分からぬが、少なくとも口中に幸福感が広がることはなかった

▼なぜそんな妙な料理を作ったかと言えば、戦中も発行され続けた婦人雑誌を丹念にあたり、そこで紹介された料理法から食の姿に迫った斎藤美奈子さんの『戦下のレシピ』に、クローバーのみそ汁が紹介されていたからだ

▼食糧難を乗り切る術は、芋の皮でも魚の頭でも何でもかんでも、すり潰(つぶ)したり粉にしたりして、増量に使うことだった。だから食感はモサモサかドロドロ。調味料不足で味もない

▼<戦争は、カリッ、パリッ、サクッといった気持ちのいい食感を料理から失わせる>と斎藤さんが指摘するように、戦争は日常生活のごくささやかな幸福感までをも、徹底的にすり潰すのだ

▼七十年前の夏に戦闘は終わったが、飢えとの闘いは戦後も長く続いた。「主婦之友」一九四六年九月号には、タンパク質不足を補うためカタツムリを食べることを勧める、こんな記事が載ったという

▼<フランス料理で珍味とされているもの。食用として特に飼ったのもありますが、雨あがりによく木の葉を食(は)んでいる普通のでよろしいのです> ☆


☆ 今朝は曇空です。時々、雨の予報です。気温は、30度ありますから、水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。少し、蒸し暑くなるのかな

蝉さんの鳴き声も昼間だけになりました。静かな夜明けになります。

夜は虫の声が聞こえる用になりました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


  

Posted by kazu at 06:40Comments(0)

2015年08月28日

今日のコラム

☆ 今日は8月28日(金)  民放テレビスタートの日 ☆

☆ 1953(昭和28)年8月28日午前11時20分、日本の民放テレビ第1号の日本テレビが放送を開始しました。
 初のテレビCMは服部時計店(精工舎)の正午の時報でしたが、放送の不慣れからフィルムを裏返しにかけてしまったため、3秒ほどで中止されました。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール
27日マツダスタジアム、カープ2―0阪神、勝ち投手前田健10勝7敗、セーブ中崎6敗20S、本塁打エルドレッド11号 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月28日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

力を合わせて

不況の風が吹き、不景気の波が押し寄せるという情況に世間があるときには、それぞれの会社も何らかの形で、その影響を受けないわけにはいきません。

ただそんなときに一番大切なことは、全員の冷静な判断と力強い協力だと思います。船長が沈着に針路を過たず、船員が冷静に協力を惜しまなければ、その船はどんな嵐にあっても着々と進んでいくでしょう。

それを、それぞれが慌てて勝手な判断をし、勝手な振舞をしたならば、それがたとえ善意から出たものであっても、船の前進は望めません。

不況、困難なときこそ、“和親一致の精神”が一番に求められるのです。


☆【コラム】筆洗

2015年8月27日 東京新聞TOKYOWeb

▼千七百年以上も昔、シリア砂漠のオアシス・パルミラを治めたゼノビアは、この古代都市の栄華を象徴する女王である

▼歴史と哲学を愛し、浅黒い肌ときらめく黒い瞳、真珠のごとき白い歯を持つ美しき女王の下でパルミラは繁栄し、ローマ帝国からの独立を宣言するが、結局、街は帝国に破壊される

▼そんなパルミラの誇りと悲劇に満ちた歩みを敬い、遺跡を守るために八十年余の生涯を捧げた人がいる。ハレド・アサドさん。娘をゼノビアと名付けたと聞けば、彼がいかにこの街を愛していたか、うかがい知れるだろう

▼乱開発や盗掘と戦い、各国の研究者と協力しての発掘調査に尽力した。アサドさんと長く親交を結んできた考古学者の西藤(さいとう)清秀さんは「大変な日本びいきで、われわれは本当にお世話になった。顔はいかついけど、面倒見がよく、正義感が強くて…」と語る

▼パルミラに攻め入った過激派組織「イスラム国」はアサドさんを処刑し、神殿の一つを爆破した。彼は貴重な文化財の位置を教えるように迫られても、拒み通したと伝えられる。アサドさんにとって、それは家族を守るような行為だったのかもしれぬ

▼西藤さんたちは今、寄付を募って現地の考古学者らを支援する態勢を築き、シリアの文化財を救おうと奔走している。問い合わせは、日本西アジア考古学会(ファクス029・853・4432)へ。 ☆


☆ 今朝は曇空ですが、晴れの予報です。30度超えるみたいです、水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

昨日は、気持ちの良い青空でしたが、昼間は暑かったです。
昨日は、長女の誕生日でした。


今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。☆


  

Posted by kazu at 05:55Comments(0)

2015年08月27日

今日のコラム

☆ 今日は8月27日(木) 『男はつらいよ』の日 ☆

☆ 1969(昭和44)年、山田洋次監督・渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開された。

「フーテンの寅」が最初に登場したのはテレビドラマで、この時は最終回で寅さんは死亡した。しかし、あまりの反響の大きさのため映画で復活し、以来48作にも及ぶ世界最長の長編シリーズとなった。
最終作は1995(平成 7)年公開の「寅次郎紅の花」。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール
26日マツダスタジアム、カープ4―2阪神、勝ち投手ジョンソン10勝6敗、セーブ大瀬良2勝6敗1S、本塁打石原2号、エルドレッド10号 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月27日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

職責の自覚

お互いに欠点というものはたくさんあり、何もかも満点というわけにはいかない。だから、自分の足りないところは他の人に補ってもらわなければならないが、そのためには自分自身が自分の職責を強く自覚し、その職責に対して懸命に打ち込むという姿勢が大切である。

仕事に熱心であれば、おのずから職責の自覚が高まるし、職責の自覚があれば、人はまた常に熱心である。そうした自覚、そうした熱意は多くの人の感応を呼び、協力も得られやすくなる。

そういうことから、みずからの職責を自覚し、全身全霊を打ち込むという心がけだけは、お互いにおろそかにしたくないと思うのである。 ☆


☆ 【コラム】筆洗

2015年8月26日 東京新聞TOKYOWeb

▼一九二九年の十月二十三日、名優チャプリンは、名曲「ホワイトクリスマス」などを生んだ音楽家バーリンと食事をしていた。彼が株で大もうけしていることを自慢すると、チャプリンは「一千四百万人も失業者がいるのに、どうして株など信じられるか」と冷や水をかけ、口論になった

▼翌日、バーリンの富は泡と消えた。この日、ニューヨーク株式市場で株価が大暴落し、世界を揺るがす大恐慌の幕開けとなったのだ。「暗黒の木曜日」である

▼中国での株価急落が、世界中を揺るがせている。「世界経済のエンジン」とも称される巨竜がのたうちまわることになれば、どんな大波が起きるか。欧米メディアは「中国版・暗黒の月曜日」と報じている

▼考えてみれば、共産党政権という不透明きわまりない政府が透明性が求められる市場を操る不可思議。「卒業することは、失業すること」と言われるほど若者の就職難は深刻なのに、公表される統計からは把握しようもない実態。そんな謎だらけのエンジンがエンストすれば、アベノミクスも急減速はまぬがれまい

▼チャプリンに話を戻せば、彼は失業者の増加に注目し、「暗黒の木曜日」の前年に持ち株を売却していたそうだ

▼社会の底辺に生きる人々を見据え、名画『街の灯』を撮る。そんな目を持っていたからこそ、希代の名優は経済の先行きを見抜けたのかもしれぬ。 ☆


☆ 今朝は曇空です。昼間は暑くなりそうです。水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。
蝉さんの鳴き声も昼間にしか聴こえなくなりました。

昨日は、気持ちのよい青空でした、風も涼しく良かったです。

久しぶりに、弟に電話しましたら、今年は、2回も、心筋梗塞で入院していたと話してくれました。今は、退院して家にいると言っていました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


  

Posted by kazu at 06:29Comments(0)

2015年08月26日

今日のコラム

☆ 今日は8月26日(水) レインボーブリッジの日 ☆

☆ 1993(平成5)年8月26日、東京の芝浦とお台場を結ぶレインボーブリッジ(東京港連絡橋)が開通した。事前の公募によって決められた名称の通り、美しい架け橋として、東京の新名所となった。

 レインボーブリッジは2層構造で、上層は首都高速11号台場線(有料高速道路)、下層は一般車道(無料)、ゆりかもめ(鉄道)の線路、そして遊歩道(無料)で構成されている。レインボーブリッジのほぼ端から端まで歩くことのできる遊歩道は隠れた観光スポットで、東京湾の素晴らしい景色を、ゆっくりと眺めることができる。

 この橋は全長798メートル、主塔の高さ126メートル、水面からの高さが50メートルで、上層が首都高速道路11号台場線、下層が臨港道路・遊歩道とゆりかもめの2層構造になっています。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月26日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

矢面に立つ精神

人間が大事に際して、その難局の「矢面に立つ」ということは、人生としてはおそろしいことであり、大変に勇気のいることである。スリルがあるとか、あるいはこれはおもしろいな、という人も、今日の青年の中にはいるかもしれないが、ほんとうに腹を割ったところ、あまり愉快ではないと思う。

しかし、こういう場合に敢然として、その矢面に立つことも男子の本懐と喜んで事に当たることも大切である。
そしてそういう人こそ、大事において、うろたえず、ものを決断することのできる人であり、人多くして人なき社会において、ほんとうの人物として立っていくことのできる人であるという思いがする。  ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年8月25日 東京新聞TOKYOWeb

▼<ンの字もソの字も同じ入学す>中野寿郎。「ン」と「ソ」の区別もつかぬままランドセルを背負い始めた子も、夏休みの作文や絵日記を一生懸命書いているだろうか

▼子育てを詠(よ)んだ俳句は母親の作が多いと思いがちだが、ここ百年余の俳句の歩みをみれば、父親が詠んだ句の方が圧倒的に多いのだと、西村和子さんの『NHK俳句 子どもを詠(うた)う』に教わった

▼たとえば、十一年前に四十五歳の若さで逝った田中裕明さんの句。<汗の児の海草のうつり香とおもふ><風邪ひいて赤子のかほでなくなりぬ>。小さな子の汗の生命の揺りかごを感じさせるような香り。熱を出し、それを乗り越えるごとに一皮むけたかのように顔つきをたくましくしていく不思議さ。子どものぬくもりをそうっと鮮やかに描いた十七文字である

▼厚生労働省の調査によると、夫が家事・育児に使う時間はここ十年でぐっと増え、平日でも二時間以上費やす男性が半数近くになっているそうだから、子育てを詠う「父の句」は、ますます増えるかもしれぬ

▼ただこの調査で気になるのは、「子どもは望まない」と答えた独身の男女もまた、ぐっと増えているということだ。若者の非正規雇用の急増など不安な暮らしが影を落としているのだろうか

▼「子どもは望まぬ」という答えの陰にどういう事情があるのか。目を凝らしていく必要がありそうだ。 ☆


☆ 今朝は晴れています。暑くなりそうです。水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

昨日は、台風の影響で風が強かったです。時々、雨も降りました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆

  

Posted by kazu at 06:54Comments(0)

2015年08月25日

今日のコラム

☆ 今日は8月25日(火) 川柳発祥の日 ☆

☆ 川柳は、宝暦7年8月25日(1757年10月7日)、初代川柳こと柄井川柳(八右衛門)が川柳風の前句付興行を始めた日を記念して、川柳学会が提唱。
 2007年8月25日は、川柳勃興250年の記念すべき日に当ります。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月25日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

なすべきことをなす

治にいて乱を忘れずということがある。太平のときでも、乱に備えて物心ともの準備を怠ってはならないということで、指導者としてきわめて大切な心がまえである。

とはいえ、人間というものは、とかく周囲の情勢に流されやすい。治にあれば治におぼれ、乱に遭えば乱に巻き込まれて自分を見失ってしまいがちである。そういうことなしに、常に信念を持って主体的に生きるためには、やはり心静かに、われ何をなすべきかを考え、そのなすべきことをひたすらなしていくことが大切である。

指導者の要諦とは、見方によっては、この“なすべきことをなす”ということに尽きるとも言えよう。 ☆


☆ 【コラム】筆洗

2015年8月24日 東京新聞TOKYOWeb

▼夏の一日、信州・上田の無言館を訪れた。戦没した若き画家たちの遺作や遺品が収められた美術館は濃緑の木立に包まれ、静謐(せいひつ)な館内にまで、せみ時雨がしみ入る
▼彼らはどういう思いで絵筆を銃に持ち替えたのか。展示品の中に二十歳で学徒出陣した佐藤孝が書き綴(つづ)ったノートがある。「遺書には非ざる言葉」と題され、こんな箇条書きが並ぶ

▼<一、私には既に私に与へられた運命がある 一、私には私だけにしか持てぬ世界がある 一、遺書といふ程のものは別にない 一、帰還は考へていない 一、おそらく生きて帰れぬことを信じてゐる…一、作画の少きを残念に思ふ…>

▼戦死が定めと思いつつも、行間ににじむ生への思い。自己の内なる世界を見つめる視線。佐藤は念願かなって東京美術学校(現・東京芸術大学)に入ったものの、半年余で学業を打ち切られ、終戦を目前にしフィリピンで戦没した

▼<六十年も経つというのに/あなたの絵具は/ちっとも乾いていない/あなたの描いた絵の朱(あか)は/まるで 昨日(きのう)の夕陽をみるように/鮮やかで…>。無言館の館主・窪島誠一郎さんはかつて、そんな詩を彼らに捧げた

▼<…ちっとも乾いていない あなたの絵具は/あなたが今も そこに生きていることを/私たちに教えてくれる/鮮やかな 生命(いのち)の色だ>。その絵具は戦後七十年たった今も、少しも乾いてはいない。 ☆


☆ 今朝は曇空で風が強いです。台風の影響です。物など飛ばされないように注意しましょう。

昨日は、少し涼しかったです。綺麗に晴れて気持ちの良い青空でした。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。
  

Posted by kazu at 06:40Comments(0)

2015年08月24日

今日のコラム

☆ 今日は8月24日(月)  大噴火の日,ポンペイ最後の日 ☆

☆ 西暦79年、イタリアのヴェスビアス火山が突然噴火し、麓のポンペイの市街が約8メートルの火山灰により埋没した。 1738年に農夫がこの遺跡を発見し、発掘により当時の町の様子がそのまま出現した。歴史小説家リットンの『ポンペイ最後の日』は、この大噴火を題材にしたもの。

1962(昭和37)年に三宅島が大噴火を起こしたのもこの日だった。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール

23日マツダスタジアム、カープ2―1巨人、勝ち投手黒田8勝6敗、セーブ中崎6敗19S、本塁打丸16号 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月24日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

我 執

一人ひとりの人が、それぞれに自分の考え、自分の主張を持つということは、民主主義のもとではきわめて大事なことである。が、同時に相手の言い分もよく聞いて、是を是とし、非を非としながら、話し合いのうちに他と調和して事を進めていくということも、民主主義を成り立たせる不可欠の要件であると思う。

もしもこの調和の精神が失われ、それぞれの人が自分の主張のみにとらわれたら、そこには個人的我執だけが残って争いが起こり、平和を乱すことになる。

今日のわが国の現状、世界の情勢をみるとき、いま少し、話し合いと調和の精神が欲しいと思うのだが、いかがなものであろう。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年8月23日 東京新聞TOKYOWeb

▼こんな短い詩がある。<たびから帰り/自分のヘヤを/みつめてみると/どこもちがってないのに/なんか/ちがう風に思われる>

▼四十年前の夏に中学一年生で逝った岡真史(おかまさふみ)君の詩集『ぼくは12歳』の中の一編だ。ちょっとだけ殻を破って、自分の足で一歩踏み出してみる。そんな「旅」をすると、いつもと変わらない自分の部屋までが、少し違って見える

▼十二、三歳というのは、そういう季節だろう。<夕方のかげぼうしってすごく長い せの高い自分をみるとなんとなくうれしい>。これも『ぼくは12歳』にある言葉だが、精いっぱい背伸びをすることで、本当にぐんぐん背が伸びていく。大人から見れば、ひどく危なっかしくも、大切な時間だ

▼大阪府寝屋川市の中学一年生の二人も、思い切って背伸びをするような「旅」がしたかったのかもしれない。野宿するために簡易テントを持って、家を出て…

▼だが、その結末はあまりに、むごい。女子生徒の遺体を遺棄した容疑で四十五歳の男が逮捕されたが、粘着テープで何重にも巻かれていたという十二歳と十三歳の二人の最期の姿を思えば、胸が詰まり、はらわたが煮え返る

▼「なぜ? どうして?」。ご家族は押しつぶされるような悲しみの中、そう問うばかりだろう。どうしたら、こんな凶事から子どもを守れるのか? しかと考え続けたい重い疑問符が残された。 ☆


☆ 今朝も太陽が眩しいです。朝晩は涼しくなりましたが、昼間は暑いです。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆

  

Posted by kazu at 06:40Comments(0)

2015年08月23日

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

◆ KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送! ◆

◆ 8月24日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

生き残った文化遺産「ラジオ塔」の魅力について
カメラマン 一幡公平さん
あっちこっちほっかほか便り

夏の最後を飾る関西のまつり・イベント
ふるさと夏まつり
「木之本地蔵大縁日」
@おどろく.Com
おきらく京都案内
とびっきりの京都案内 ◆

◆ 8月25日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

保津地域の新ブランドを目指して、藍の栽培
ほづあい研究所 所長 吉川慶一さん
あっちこっちほっかほか便り

夏の最後を飾る関西のまつり・イベント
奈良県
「バサラ祭り」
@おどろく.Com
朝のみそひともじ
歌人 林和清さん ◆

◆ 8月26日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「ホンデリング」活動を知っていますか?
認定NPO法人 おうみ犯罪被害者支援センター
あっちこっちほっかほか便り

夏の最後を飾る関西のまつり・イベント
日野町
「近江中山の芋競べ祭り」
@おどろく.Com
妙慶さんの随分いい話
僧侶 川村妙慶さん ◆

◆ 8月27日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

30日で一応閉館 43年の感謝を込めて
梅小路蒸気機関車館
あっちこっちほっかほか便り

夏の最後を飾る関西のまつり・イベント
大阪市
「南御堂盆おどり」
@おどろく.Com
ふれあい広場 ◆

◆ 8月28日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

早朝散歩で丹波の魅力を発信
藤井照雄さん
あっちこっちほっかほか便り

夏の最後を飾る関西のまつり・イベント
叡山電車開業90周年記念イベント
「八瀬えいでん ≪駅≫ 地ビール祭り」
@おどろく.Com
そうだ、本屋さん行こう! 社長 洞本昌哉さん ◆

http://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/hokahoka/index.htm


☆ 今週も聴いています。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。 ☆

  

Posted by kazu at 15:31Comments(0)