京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
kazu
kazu
東京から奈良に越してきました。
奈良市に住んでいます。

2013年10月31日

今日のコラム


10月31日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

まず与えよう

 持ちつ持たれつという言葉もあるが、この世の中は、お互いに与え合い、与えられ合うことによって成り立っている。それはお金とか品物といった物質的な面もあれば、思いやりといったような心の面もある。

 聖書の中にも、「与うるは受くるより幸いなり」という言葉があるというが、人間とは他からもらうことも嬉しいが、他に与え、他を喜ばすことにより大きな喜びを感じるというところがあると思う。そういう喜びをみずから味わいつつ、しかも自分を含めた社会全体をより豊かにしていくことができるのである。

「まず与えよう」これをお互いの合言葉にしたいと思ったのだが、どうであろうか。


筆洗

2013年10月30日(東京新聞TOKYOWeb)

▼夫婦は顔が似てくる。電車の中に顔がそっくりな老夫婦がいた。<うり二つというよりもワラジそのまんま>。志ん朝さんの口調をまねしたくなる。夫婦の顔を車内に居合わせた人がうれしそうに見ている。温かい空気が広がっている。老夫婦の似た顔は幸せを連想させる

▼長年、同じ物を食べ、同じ家に住めば、表情や雰囲気が似てくるというが、どうも人間は無意識のうちに自分の顔に似た人を連れあいに選んでいるようだ

▼米イリノイ大学の研究によると自分の顔に似た人間をより信用し、魅力を感じる傾向があった▼これを利用したパートナー探しが米国で人気になっている。自分の顔を登録すると、顔や雰囲気の似た相手を探してくれる。効果は分からないが、幸せを求める必死な思いが伝わってくる

▼夫婦ばかりか、犬と飼い主は目が似るという記事を見た。飼い主は自分の顔とどこか似た部分のある犬を選ぶのか。反論もある。犬を愛した作家安岡章太郎さんは「人間だって飼っている犬に似てくる」と書いた。発想が面白い。安岡さんとその愛犬も実に似ていた

▼「暴力団」にカネを貸して放置した銀行と食材偽装のホテルの記者会見は言い訳めいた点が<ワラジそのまんま>だった。もともと性根が似ているのか、性根が曲がっていると言い方が似てくるのか。どっちにせよ、幸せな気分どころではない。
  

Posted by kazu at 05:47Comments(0)

2013年10月30日

今日のコラム


10月30日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

使命感半分、給料半分

 人間には、“欲と二人連れ”という言葉もあるように、自分の利によって動くという面と、使命に殉ずるというか、世のため人のために尽すところに喜びを感ずるといった面がある。だから人を使うにしても、給料だけを高くすればいいというのでなく、やはり使命感というものも持たせるようにしなくてはほんとうには人は動かない。もちろん使命感だけで、給料は低いというのでも、これはよほど立派な人でない限り不満を持つだろう。普通の人間であれば、使命感半分、給料半分というところだと思う。

 そのようなあるがままの人間性に則した処遇をしていくところに、適切な人の使い方があると言えよう。


筆洗

2013年10月29日(東京新聞TOKYOWeb)

▼野田秀樹さんの新作『MIWA』は美輪明宏さんの『愛の讃歌』が流れて幕を閉じる。知っている歌詞とは違った

▼作詞家の岩谷時子さんが亡くなった。記憶にあったのは岩谷さんが訳詞したエディット・ピアフの『愛の讃歌』だった。<あなたの燃える手であたしを抱きしめて>。一時期、結婚式の定番でもあった

▼美輪さんは岩谷さんの訳詞が好きではなかったという。美輪さんが訳した方は結婚式にはおよそ向かない。男が望めば<宝石だって盗みに行くわ><愛する祖国も友達もみんな裏切ってみせるわ>。壮絶である

▼ピアフは妻子あるボクサーと恋愛していた時期にこれを書いたとされる。映画の「エディット・ピアフ 愛の讃歌」で描かれるような悲劇の人生を思い、美輪さんの訳詞を好む人もいる

▼岩谷さんは日本人に向けた分かりやすさを考えて大胆に訳した。一連の作品の魅力はその明快さにある。照れがなく堂々としている。曲の方に詞を合わせる作詞方法によって口ずさみやすく、子どもでさえ<わたしの恋は空を染めて燃えたよ>(ピンキーとキラーズ『恋の季節』)と、歌っていた

▼シナトラの『マイウェイ』。岩谷さんの訳詞がある。<私は私の道を行く>。カラオケで熱唱するのは野暮(やぼ)だといわれた時代もあるが、まっすぐな詞は潔く、説得力がある。九十七歳。堂々たる人生の幕が下りた。
  

Posted by kazu at 05:45Comments(0)

2013年10月29日

今日のコラム


10月29日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

社長を使う

 私はいつも社長をもっと使ってくれというのです。「こういう問題が起こっているのです。これは一ペん社長が顔を出してください。社長に顔出してもらったら向うも満足します」「それなら喜んで行こう」というわけです。こういうように社長を使うような社員にならなければならないと思うのです。その会社に社長を使う人間が何人いるか、一人もいなかったらその会社はだめです。しかしほんとうに社長を使う人間が、その会社に十人できたら、その会社は無限に発展すると思います。

 また、社長を使わなくても課長や主任を使う。上司が部下を使うことは、普通の姿です。部下が上司を使うことが大事なのです。


筆洗

2013年10月28日 (東京新聞TOKYOWeb

▼奇妙ななぞなぞが子どもの間でかつて流行した。問題「野球の試合で絶対に負けない方法は?」。答え「ホームランを百本かっ飛ばす」。問題「テストで百点を取るには?」。答え「猛勉強する」

▼怒らないでほしい。一九七〇年代半ば、われわれ小学生はこの言葉のゲームに笑い転げた。五問もやれば飽きる。大人にはなにが面白いのか分からないが、子どもには楽しいのである

▼二十七日から読書週間が始まった。小学生の読書量はかなり多いが、中学、高校へ進むうちに減っていく。勉強が忙しくなるせいもあるだろうが、この傾向は小学生の時に読書の習慣が本当は根付いていないからではないか

▼小学高学年向けの本を一冊挙げたい。三田村信行さんの『おとうさんがいっぱい』と題名の不気味な短編集だ。大人の目からすれば、名作、良書とは言えないかもしれない▼表題作は主人公の少年の家へ同じ顔の父親が三人やって来る。お母さんも見分けられない。その結果…。自分は四十年近く前に読んだこの本が忘れられない。イラストは絵本作家の佐々木マキさん

▼「まず大切なことは読書の習慣をつくるということである」と、哲学者の三木清は『如何(いか)に読書すべきか』をこう書きだしている。さて問題。「子どもに読書の習慣をつけるには?」。答え「子ども自身が本当に面白いと思える本を与えること」。
  

Posted by kazu at 05:54Comments(0)

2013年10月28日

今日のコラム


10月28日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

こわさを知る

 人はそれぞれにこわいものを持っています。子どもが親をこわいと感じたり、社員は社長をこわいと思ったり、世間がこわいと思ったりします。しかしそれとともに、自分自身がこわいという場合があります。ともすれば怠け心が起こるのがこわい、傲慢になりがちなのがこわいというようなものです。

 私はこのこわさを持つことが大切だと思います。こわさを常に心にいだき、おそれを感じつつ、日々の努力を重ねていく。そこに慎しみ深さが生まれ、自分の行動に反省をする余裕が生まれてくると思うのです。そしてそこから、自分の正しい道を選ぶ的確な判断も、よりできるようになると思います。


筆洗

2013年10月27日 (東京新聞TOKYOWeb)

▼秋の夕刻には感情をかき乱す魔力がある。スーパーで、老婦人が一人、ネギを買っている姿を見ているだけで、寂しくなる。小学校の下校の音楽なのか、遠くから聞こえてくる『新世界より』の第二楽章に鼻の奥の方が熱くなる

▼あの曲には、日本語の歌詞がある。『遠き山に日は落ちて』。音楽家の堀内敬三さんが大正時代に書いた。仕事を終えて、家族の元へ帰るうれしさを歌っている。<いざや楽しまどいせん>

▼「まどいせん」。最近はまず聞かない。まどいとは「団居」「円居」と書く。車座になることで、家族だんらんの意味がある。夏の歌だろうが、曲と歌詞は寂しい秋の夕刻に似合いすぎている

▼寂しい秋ばかりではない。三十一日はハロウィーンである。古代ケルト伝統の先祖の霊を迎える火祭りは米国経由で日本にもやってきて、子どもが仮装する日として定着しつつある。魔女や怪物の衣装を着た子どもの姿は楽しい

▼頼みたいことがある。その夜、仮装した子らを連れて、近所の一人暮らしのおじいさん、おばあさんの家を一軒でいい、回ってもらえないだろうか。「お菓子をちょうだい」と子どもに言わせてほしい

▼高齢者の単独世帯は二割を超えている。秋の夜に寂しい思いをしている人もいる。あのスーパーのおばあさんの家へも行って、ほんのちょっと「団居」を分けてもらえないだろうか。
  

Posted by kazu at 05:35Comments(0)

2013年10月27日

今日のコラム


10月27日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

インテリの弱さ

 今日、よく耳にする言葉に“インテリの弱さ”ということがある。これは、インテリには、なまじっかな知識があるために、それにとらわれてしまい、それはできないとか、それはどう考えてもムリだ、と思い込んでしまって、なかなか実行にうつさないという一面を言った言葉だと思う。

 実際、“ああ、それは今まで何度もやってみたんだが、できないんだ”と決め込んでいることが、われわれの身のまわりには意外に多いのではなかろうか。ときには、自分の考え、また自分をとらえている常識や既存の知識から解放され、純粋な疑問、純粋な思いつき、というものを大切にしてみてはどうだろうか。




筆洗

2013年10月26日 (東京新聞TOKYOWeb)

▼私立大学で経営学を学ぶ二十一歳の佐藤君には、多額の借金がある。大学を出るまでに、その額は一千万円余に膨らみそうだ

▼彼は二歳の時、父を病気で失った。母は月収七、八万円のパートで育ててくれた。だから高校・大学に進学するには借金をするしかなかった。卒業後は二十年間にわたり、利子を含め月三、四万円ずつ返済することになる

▼「本当に不安です。親元から通える就職先でなければ、返済は難しいでしょう。自分の家族を持ち、子どもを育てていけるのでしょうか?」と佐藤君は話す

▼彼の借金を日本では奨学金と呼ぶ。もし和英辞典を引いて「スカラシップ」と訳したら、英語圏の人なら「それはスカラシップではなく学生ローンだ」と言うだろう。漢字の本場・中国の人も「それは奨学金ではなく助学貸款だ」と指摘するに違いない

▼どうも日本語の「奨学金」という言葉が、この国の貧弱な教育支援制度の実態を見えにくくしているようだ。日本には、給付型、つまり返済不要な公的奨学金は皆無に近く、ほとんどの奨学金は国際的にはローンと呼ばれているものだ

▼ある調査によれば、日本では毎年五万人の高校三年生が貧困を理由に進学をあきらめているという。そんな子を一人でも少なくするために、佐藤君ら「あしなが育英会」の学生たちは、この週末も街角で募金を呼び掛けるはずだ。
  

Posted by kazu at 06:58Comments(0)

2013年10月26日

かんさい土曜ほっとタイム 土曜 午後1時05分~3時55分

10月26日の放送予定

キャスター:佐藤 誠、奥野 史子(スポーツコメンテーター)一部地域では、別番組を放送します。パソコンやスマートフォンなどで聞けるインターネットラジオ「NHKらじる★らじる」をご利用ください。 「NHKらじる★らじる」はこちら⇒
1時台

「白井操のよろしゅうおあがり」

料理研究家 白井 操

「お天気どんなんかな・全国の気象情報」

「オススメ映画情報」

タレント 浜村 淳

「ふみこのきいておくれやす」

白井 操浜村 淳
2時台

「ほっと人物ファイル」アンコール

関西フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者 藤岡 幸夫

藤岡 幸夫
3時台

「ぼやき川柳アワー」  → 過去のお題と大賞句はこちら

お題『失礼(「失礼します。」などの)』 『選ぶ(ふたつの内から選ぶなどの)』

川柳作家 大西 泰世

大西 泰世
らじる★らじる
何時も聴いています。
  

Posted by kazu at 07:22Comments(0)

2013年10月26日

今日のコラム


10月26日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

良品を世に送る努力

 どんなによい製品をつくっても、それを世の人びとに知ってもらわなければ意味がありません。つくった良品をより早く社会にお知らせし、人びとの生活に役立ててもらうという意味で、宣伝広告というものは、欠くべからざるものと言えるでしょう。

 しかし、その一方で、そういった宣伝がなくても、良い評判を受け、大いに信用をかち得ている製品があります。これは、良品はみずから声を放たず、これを求めた人びとによって広く社会に伝えられたということに他なりません。そういう宣伝に頼る必要のない、ほんとうにすぐれた品質の製品を生み出し、世に送る努力を常に忘れてはならないと思うのです。


筆洗

2013年10月25日(東京新聞TOKYOWeb)

▼しゃっくりは何かの役に立っているのか? 魚もおならをするのか? 英科学誌ニュー・サイエンティストの名物は、読者からの素朴で時に奇抜な質問に答えるQ&Aコーナーだ

▼そのやりとりをまとめた『つかぬことをうかがいますが…』(早川書房)から一つ紹介すると…「息を吸いこんだり、ひと口水を飲んだりするたびに、レオナルド・ダビンチが吸ったり飲んだりした原子がいくらか体内に入るというのは本当でしょうか?」

▼回答は…地球の大気にある分子の数とダビンチが生涯に排出した分子の数を推計していくと、私たちは呼吸するたびに、彼が吐いた分子を大量に吸っていて、彼の末期の息の分子すらおよそ五個は吸っているはずだという

▼にわかには信じがたいが、世紀の大天才の体を通った分子が今もこの身にも入ってきていると考えれば、愉快だ。が、ということは、ヒトラーが吐いた分子も彼に抹殺された何百万ものユダヤ人たちのそれも、私たちは吸ったり飲んだりしていることになる

▼突拍子もない想像に思えるが、地球のめぐりとは、そういうものなのだろう。内戦で昨日までの隣人と殺し合う人々も、隣人に差別も露(あら)わな言葉を吐く人たちも、結局は憎む相手と空気や水は共有しなくてはならない

▼憎悪の応酬やまぬ世を解きほぐす力は、ちょっとした想像の中に潜んでいるかもしれない。


  

Posted by kazu at 06:31Comments(0)

2013年10月25日

今日のコラム


10月25日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

人の話に耳を傾ける

 日ごろ部下の言うことをよく聞く人のところでは比較的人が育っている。それに対して、あまり耳を傾けない人の下では人が育ちにくい。そういう傾向があるように思われる。

 なぜそうなるかというと、やはり部下の言葉に耳を傾けることによって、部下が自主的にものを考えるようになり、そのことがその人を成長させるのだと思う。けれども、自分の言うことに上司が耳を傾けてくれない、というのではただ惰性で仕事をするということになって成長も止まってしまう。

 上司としてどんな場合でも大事なのは“耳を傾ける”という基本的な心構えをいつも持っているということであろう。


筆洗

2013年10月24日筆洗(東京新聞TOKYOWeb)

▼テレビが普及していない時代に、人気歌手や喜劇役者の「偽者」が地方によく出没したという

▼美空ひばりさんの名に似せた「美空びばり」や「青空ひばり」、喜劇王の榎本健一さんの場合は、エノケンならぬ「エノケソ一座」がいたそうだ。ひどい話だが、注意深く見れば本物と区別できる

▼俳優田宮二郎さんの場合は複雑だった。田宮さんが旅先で「田宮二郎一座」を発見した。田宮さんが偽者に「いいかげんにしろよ」と言うと相手は戸籍謄本を出した。「田宮二郎」と記されていた。本名だった。作家の安部譲二さんが書いている

▼気分の悪いウソがある。阪急阪神ホテルズがレストランでメニュー表示とは異なる食材を使用していた。九条ネギは青ネギだった。普通の人は分からない

▼昭和恐慌の時、カネのない会社員の間にライスのみを注文しウスターソースをかけて食べる「ソーライス」が大流行した。店の方は嫌がったが、阪急百貨店大食堂は「ライスのみ」を歓迎した。彼らはやがて結婚して、家族を連れて来てくれる。創業者の考えだった

▼調理人もウソを知っていたという。家族そろってホテルで食事をするささやかなぜいたく。若い二人であれば食事の後、ひょっとして、結婚の約束をするかもしれない。そんな光景を前に、どんな顔をして料理を出していたのか。「いいかげんにしろよ」である。
  

Posted by kazu at 05:15Comments(0)

2013年10月24日

今日のコラム

10月24日
地球人意識松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

 いま世界は、本格的な国際化時代を迎えつつあります。政治、経済、あるいは資源、食料などの問題にしても、一国の問題がすぐ世界の多くの国ぐにに影響を与えることが少なくありません。その意味では、世界は非常に狭くなったと言えましょう。

それだけに、たんに自国の問題をのみ考えるのではなく、もっと視野を広くして、地球人の一員という意識でものを考え、行なうことが大事だと思います。たとえば、援助を願っている国があるとすれば、他の国ぐにはそれぞれの実力に応じて助け合うべきでしょう。

そのようにお互い地球人といった意識を持って、なすべきことをなすということが基本の心がまえになると思うのです。


筆洗

2013年10月23日 筆洗(東京新聞TOKYOWeb)

▼作家の連城三紀彦さんが亡くなった。後年は故郷の愛知に戻って、お母さんの介護を十数年間、続けていたという

▼お母さんとおしゃべりした後、深夜に自分の仕事に向かう生活。そう聞いて、初期の短編『紅き唇』を思い出した。直木賞作品の『恋文』に収録されている

▼登場するのは、実の親子ではない。男は結婚して三カ月の妻を病気で亡くした。その妻の母親との同居生活を描いている。二人は、パチンコ屋でこんな話をする

▼「あんないい奴(やつ)いなかった」「良すぎると早く死ぬね」「運悪いけど、パチンコはよく出るね」「ほんと、よく出る」。妻の死をこらえていた男がたわいもない会話で初めて涙を見せる。そういうものだろう

▼年を重ねても消えない六十四歳の義母の恋心もテーマになっている。これを脚色した文化座の芝居「あかきくちびるあせぬまに」にはビートルズの曲が流れる。「六十四歳になった時も、あなたは自分を必要だと思ってくれるかな」と、ポール・マッカートニーさんが歌っている。「ホエン・アイム・シックスティー・フォー」

▼六十四歳どころか七十一歳のポールさんの新譜がヒットチャートの週間アルバム部門で二位になったというニュースを見た。七十代でのトップテン入りは初めてという。連城さんももっと書きたかっただろう。六十五歳という年齢が、残念でならない。
  

Posted by kazu at 06:18Comments(0)

2013年10月23日

今日のコラム


10月23日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

原因は自分にある

 人間というものは他人の欠点は目につきやすいものだ。往々にしてなにか問題が起こると、それはすべて他人のせいで、自分には関係がない、と考えがちである。実際に他人のせいであって、自分は無関係な場合もある。しかし、それをそう判定するのは、あくまでも人間である。他人のせいではあるけれども、実は自分のせいでもある、というように、自分は全く関係がないとは言いきれない場合も少なくないのではなかろうか。

 少なくとも、問題が起こった際には、他人のせいだと考える前に、まず自分のせいではないか、ということを一度考え直してみることが非常に大切ではないかと思うのである。



筆洗

2013年10月22日筆洗(東京新聞TOKYOWeb)

▼子どもに「正直」と名付けたとする。その子が正直な大人になるかは分からないが、自分の名前である以上、正直かどうかを気にする人間にはなるだろう

▼劇作家マキノノゾミさんの『東京原子核クラブ』は物理学者の朝永振一郎さんをモデルにした人物の若き日を描く。舞台は一九三二(昭和七)年七月の東京・本郷の下宿屋だ

▼朝永さんの『量子力学と私』でも弱気な性格がうかがえるが、主人公の「友田晋一郎」は実に愚痴っぽい。勤務する研究所のレベルに「ついていけそうもない」「歯が立ちそうにもありませんわ」と、しばしば嘆く。それを慰める下宿仲間が楽しい

▼六五年十月二十一日、朝永さんのノーベル物理学賞受賞が、決定した。二〇一三年の同じ日(現地時間)、国連が核兵器の非人道性と不使用に関する共同声明を発表する見通しになっている。日本もやっと署名する。二十一日の署名はまだ確定していないが、同じ日に重なれば、うれしい偶然となる

▼署名で、朝永さんが訴えた核兵器使用の永久、無条件放棄に日本政府もやっと歩調を合わせる。表現が弱そうなことや、過去の日本の対応には不満も残るが、署名で政府も向かうべき道を強く意識する。「正直」の名をもらった子のようになる

▼実在の下宿屋は「平和館」という。思い出の名は朝永さんの頭の中にずっと残っていたに違いない。
  

Posted by kazu at 05:50Comments(0)